ASPIRATION代表のひとり言

2018/11/13

第1回 | 転職者様向け:ベトナムでの1ヶ月の生活コストはいくら?

こんにちわ。いつもベトナム転職・採用のことばかり考えている福田です。このひとり言では、私自身が経験したベトナム転職・採用活動を通じて思っていることをお届けします。私個人の主観が強いので、異論・反論も喜んで受付けています。それでは、第1回ひとり言をよろしくお願いします。

そもそもVND(ベトナムドン)は何円??

今回はベトナムのホーチミン市での1ヶ月の生活コストになります。日本にいる方は、ベトナムでの生活にどのようなイメージをお持ちでしょうか?日本よりも安い?高い?

1ヶ月の生活コストがイメージできれば、ベトナム生活にある程度イメージが出来ると思います。ベトナムの生活面でのミスマッチを少しでも減らすためにも、ぜひご覧ください。

ベトナムでは通貨はVND(ベトナムドン)となります。基本的には、ベトナム国内の取引の決済通貨はVND(ベトナムドン)となります。
日本にいる方はピンと来ないと思いますので、こちらのレートを参考にしてください。

http://www.vietcombank.com.vn/exchangerates/?lang=en
VietcombankのWebサイトに移動します。

真ん中にあたりに、JPY、JAPANESE YENと記載がありますね。これが日本円です。最近はあまり大きな変動がないため、ざっくり計算で問題ない方は、1円=200VNDぐらいのイメージでいいかと思います。つまり、1,000,000VNDであれば200で割って5,000円という感じです。

ホーチミン市の生活コストは安くはない

では早速、ホーチミン市での生活コストを計算してみます。

まず、以下の条件と仮定します。
・一人暮らし
・家と会社の場所は、ホーチミン市の1区
・家賃、通勤、電話代の会社補助なし

家賃:     9,000,000 VND/月(約45,000円)
食費:     7,500,000 VND/月(約37,500円)
通勤・移動費: 1,500,000 VND/月(約7,500円)
電話代:    300,000 VND/月(約1,500円)
合計:     18,300,000 VND/月(約91,500円)

1ヶ月の合計は18,300,000VND(約91,500円)と出ました。日本にいる方の中には、「意外に高いな。」と思う方もいるかと思います。正直、ホーチミン市での生活は安くはないです。特に、ホーチミン市の1区に住むということは、日本の東京の中心に住むというイメージを持たれた方が良いかと思います。

他にも発生する費用はあると思いますが、今回はベトナムで生活する上で最低限発生する項目としました。また、各項目の金額は少し質素な感じ(低め)で計算しています。
そのため、実際は上記プラス4,000,000VND(約20,000円)以上の生活コストがかかると見た方がいいでしょう。

4年前(2014年頃)の自分の生活コストを算出してみる

私の約5年前(2013年頃)は、給与1,500USD/月でした。手取りは約26,000,000VND/月(約130,000円/月)ぐらいだったかと思います。
上記の項目加えて、もう少しリアルな出費に近づけるために友達との交際費(飲食代)も加えた状態で見てみましょう。

<2013年の生活費>
・一人暮らし
・家と会社は徒歩通勤可
・家賃、通勤の会社補助なし
・電話代は個人の携帯番号

家賃:     7,000,000 VND/月(約35,000円)
食費:     6,900,000 VND/月(約34,500円)
通勤・移動費: 500,000 VND/月(約2,500円)
電話代:    300,000 VND/月(約1,500円)
交際費:    3,000,0000 VND/月(約15,000円)
合計:     17,700,000 VND/月(約88,500円)

1ヶ月の合計は17,700,000VND/月(約88,500円)と出ました。内訳の詳細を説明したいと思いますが、家賃以外の金額は現在もあまり変わりのない相場かと思います。

  • 家賃
    当時はLe Thanh Ton(レタントン)通りのHem(小道)の中に位置する、キッチン無しの物件に住んでいました。現在では9,000,000~10,000,000VND/月(約45,000~50,000円/月)ぐらいではないでしょうか。
  • 食費
    基本外食でした。朝食はパンとコーヒーで30,000VND(約150円)、昼飯はオフィス近くのレストランで100,000VND(約500円)、夕食は家の近くの定食屋で100,000VND(約500円)。そのため、1日230,000VND(約1,150円)ぐらいでした。
  • 通勤・移動費
    通勤は徒歩通勤していましたので0VNDでした。但し、1ヶ月の生活の中ではタクシーを利用することもありましたので500,000VND(約25,000円)は使っていたかと思います。
  • 電話代
    通話代とインターネット通信代(定額制)のプランにして平均300,000VND/月(約1,500円/月)ぐらいでした。
  • 交際費
    ここでは個人の話になりますので、会計上の交際費とは別の意味となります。
    私の場合は、週末の友達とのご飯代になります。当時の私は、接待は少なく週末以外はお酒を飲まない生活リズムでした。その中での気分転換が、週末の金曜日か土曜日のどちらかに友達と食事することでした。和食レストランと2次会でバーに行き、合計700,000VND(約3,500円)ぐらい払っていたかと思います。それが一月に4回程度ありましたので、3,000,000VND(約15,000円)としました。
    因みに、男性なら仕事上の付き合いで自分の意志に反して、やむを得ず、仕方なく、きれいなお姉さん達のいるお店に行かなくてはならない時もあるかと思いますが、そのお店の金額はこちらの交際費に入っていません。

貯金は月2~3万円ぐらい可能だが、日本への一時帰国で貯金は消えてしまう

さて私の場合は、給与が26,000,000VND/月(約130,000円/月)として、生活コストが17,700,000VND/月(約88,500円)となりました。
そうなると毎月8,300,000VND/月(約41,500円)が余るわけですが、実際のベトナム生活では、服や日用品を買ったり、良いレストランに行くと1食で1,000,000VND(約5,000円)以上するなど出費が発生しますので、私の記憶ベースではそれらを差し引いて、1ヶ月4,000,000~6,000,000VND(約20,000~30,000円)ぐらいは貯金が出来ていたかなと思います。

そしてその貯金をコツコツ貯めて、日本への一時帰国費用に充てていました。(当時の会社は、日本への一時帰国費用補助なし)
日本への一時帰国では、飛行機代と日本国内の移動代・宿泊代、ワイシャツなどのビジネス関係のまとめ買いで20万円ぐらいかかりました。(私の実家はド田舎のため、日本国内でも新幹線の移動が必要なため)
また当時は、業績等の様々な理由により賞与も無かったため年間で見ると貯金額はゼロに近かったです。

では次回は、今回の計算対象となった家賃、食費と交際費、通勤・移動費、電話代を個別に見ていきましょう。

 

第2回ひとり言は、こちら

もっとこんなことを話してほしいという方は、お問い合わせよりお気軽にリクエストをください。