ASPIRATION代表のひとり言

2019/02/12

第21回 | 企業様向け:サービス求人情報登録代行に『フリープラン』をご用意しました

こんにちわ。いつもベトナム転職・採用のことばかり考えている福田です。このひとり言では、私自身が経験したベトナム転職・採用活動を通じて思っていることをお届けします。私個人の主観が強いので、異論・反論も喜んで受付けています。それでは、第21回ひとり言をよろしくお願いします。

前回(第20回)のひとり言は、こちら

求人登録代行 フリープランをご用意した背景

このたび、弊社サービスに『求人情報登録代行 フリープラン』を新たにご用意致しました。

【求人登録代行 フリープラン及びベーシックプラン】

求人情報登録代行 フリープラン

ご利用料金: 無料

<主なサービス内容>
求人情報概要のヒアリング・作成、WEBサイトへの登録・掲載
WEB掲載後の修正対応(回数制限なし)

<備考>
求人情報概要のヒアリングは、以下の6項目となります。
1. 会社名(お客様企業名) 2. 採用活動予定時期 3. 募集職職種名 4. 給与 5. 勤務地 6. 業務内容概要

求人情報登録代行 ベーシックプラン

ご利用料金: 4,000,000 VND/案件(VAT別)

<主なサービス内容>
求人情報詳細のヒアリング・作成、WEBサイトへの登録・掲載
WEB掲載後の修正対応(回数制限なし)
ベトナム日本人採用に関わる情報提供 など

<備考>
求人情報詳細のヒアリングは、以下の18項目となります。
1. 会社名(お客様企業名) 2. 採用活動予定時期 3. 募集職職種名 4. 給与・福利厚生/手当 5. 勤務地 6. 業務内容概要 7. 募集(予定)背景 8. 業務内容詳細 9. 業務のやりがい・厳しさ 10. 会社・業務にマッチする人・マッチしない人 11. 教育プラン 12. キャリアプラン 13. 期待する将来像 14. 得られる知識・スキル・経験 15. 日本人社員の1日のスケジュール例 16. 勤務日・勤務時間・休日/休暇 17. 応募資格 18. 選考の流れ・ポイント

※採用支援サービスのサービス内容・料金の詳細は、こちらからご確認いただけます。

 

『ベーシックプラン』は、今までの求人情報登録代行と同一のサービス内容・料金となります。

『ベーシックプラン』は、弊社WEBサイトの求人情報をご覧いただければ分かりますが、ベトナム転職者様がこちらの求人情報をご覧になるだけで、その企業様の会社、業務内容等がイメージ出来ることを目的にして作成されております。そのため、情報量が多く、詳細な求人情報となっております。

その一方で、時期が未定で将来に採用活動予定のある企業様にとっては、採用に向けてまだ具体的なイメージがない中での弊社からのヒアリングは、大きな負担となっていたのも事実であると認識しております。

ベトナムにいる多くの企業様が、人事部はあるものの日本人採用チームはない状況ですので、本業を行いながら時期未定の将来の日本人採用に関する詳細まで考えることは、大きな負担があったのではないかと感じています。

そのため、採用企業様の負担を極力軽減するためにも、お答えいただくのにご負担の少ないヒアリング項目に絞った無料の『求人情報登録代行 フリープラン』をご用意させていただきました。

目的は一人でも多くの転職者様に企業様の存在を知ってもらうこと

私は、以前のひとり言で、採用活動は営業活動に似ていると申しました。営業活動を考える上で、消費者の購買行動モデルを考えることは必須となります。AISAS(アイサス)などの言葉は、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

こちらに、消費者の「購買行動モデル」が説明されたサイトがございますので、ご興味のある方は下記サイトをご覧ください。

9つの購買行動モデルまとめ AIDA・AIDMA・AIDCAS・AISAS・AISCEAS・VISAS・DECAX・Dual AISAS (Eプロ)
https://t-shimohara.com/marketing/buying-behavior-model
クリックすると外部サイト(Eプロ様のWEBサイト)に移動します。

どの購買行動モデルでも同じですが、まずは消費者に知ってもらうことがスタートになります。

こちらのモデルを採用活動に置き換えて考えてみましょう。

日本人の現地採用活動を行う中で、日本にいる日本人転職者の方は企業様のことをご存知でしょうか。もちろん、多くの方が企業様のお名前はご存知かと思いますが、ベトナムで日本人の現地採用活動を行う(行う予定のある)企業様としては、どのぐらいの転職者様がご存知でしょうか。

私も前職で日本人採用を経験しましたが、全ての応募者の方が人材会社から企業の紹介を受けるまでは会社の存在を知らない状況でした。それは、人材紹介会社への依頼以外に私が自社の名前を出して日本人を募集している旨の告知を何もしていなかったので、当然の結果と言えます。

自社WEBサイトに日本人採用の求人情報ページがなく、SNSの活動など何も行っていなければ、日本にいるベトナム転職を検討中の方が、”ベトナムで日本人採用を行う(その予定がある)企業”として企業様の存在を知ることは不可能に近いでしょう。

ここで発想を変えてみたいと思います。

もし、日本にいるベトナム転職を検討中の転職者様がベトナム転職を意識し始めた早い段階で、ベトナムで日本人を現地採用活動中(または採用活動予定がある)企業様の存在を知る(企業名を知る)ことが出来たらどうでしょうか。
もし、それにより転職者様自らが、企業様の会社、事業内容、業界のことを主体的に調べることが出来ればどうでしょうか。
もし、転職者様が主体的に企業様のことを調べて、その企業様に興味を持ち、企業様に直接応募をしてきたらどうでしょうか。

こちらは、ベトナム転職者様にとっては、企業名が分かるからこそ主体的に、その会社、事業内容、業界等の情報を調べることが出来るだけではなく、ベトナム転職を意識する早い段階から調べることが出来るため、調べる時間も十分に確保できることを意味します。

採用企業様にとっては、自社に直接応募してくる人はある一定の会社・業務への理解があっての応募が予測されますし、採用コストも安価に済ますことが出来ます。そして何よりも、転職者様がある一定の理解を持って応募しますので、マッチ度の高い人からの応募となります。
(企業様に興味のある転職者様からの応募がほとんどになるかと予測されますので、ある程度のスクリーニングも出来ている状態となります。)

これは今すぐには起こり得ない話かもしれません。

しかし、SNSの発達、人々の情報の取得方法の変化、C to C(Consumer to Consumer)サービスへの変化を考えると、近い将来には、採用企業様と転職者様が直接に繋がり合い、採用・転職を行う時代になると私は考えております。

また、人々の「働く」への価値観の多様化を考えると、一つの会社で長く勤めるという人の数は(ゼロにはなりませんが)減ると予測されます。つまり、人材の流動化が起き、企業様にとって採用活動はたまに発生する業務ではなく、いつも発生している業務となります。

その時代に向けて、私はベトナムで日本人採用を行う企業様は、”ベトナムで日本人採用を行う(その予定がある)企業”として、一人でも多くの転職者様に存在を知ってもらうことが必要であると考えております。

そのための第一歩として、採用企業様にとって実務的・コスト的に負担が少ない状態で、転職者様に知ってもらうを実現するために、弊社サービスに新しく『求人情報登録代行 フリープラン』をご用意しました。

私は、こちらの『求人情報登録代行 フリープラン』が、採用企業様とベトナム転職者様の両者様のお役に立てる、非常に有益なサービスとなることを確信しております。
これを機に、新プラン『求人情報登録代行 フリープラン』を何卒よろしくお願い申し上げます。

『求人情報登録代行 フリープラン』に関するお問い合わせは、こちらよりお願いします。

 

次回(第22回)のひとり言は、こちら

もっとこんなことを話してほしいという方は、お問い合わせよりお気軽にリクエストをください。