• HOME  >  
  • お知らせ  >  
  • 海外短期インターンシップの沖縄県の大学生の方へ講演をしました【2019年8月】

お知らせ

2019/11/24

海外短期インターンシップの沖縄県の大学生の方へ講演をしました【2019年8月】

2019年8月31日(土)に、沖縄県主催(運営事務局:株式会社沖縄ヒューマンキャピタル社:沖縄県西原町)の海外短期インターンシップにてベトナムのホーチミン市に来られた沖縄県の大学生の方に、弊社代表の福田が自身のベトナムでの勤務・起業経験を踏まえて、海外転職を中心に、これからの働き方について、対話形式の講演を行いました。

講演では、今のベトナムで求められる日本人像や働き方、ベトナム人と強調して働く方法などを福田が体験した実例を交えて講演を致しました。講演の終盤には質疑応答の時間を設け、学生の方からも積極的な質問をいただき、活発な意見交換を行うことができました。

こちらは、参加した学生の方の感想の一部抜粋となります。

「ベトナムで活躍する上で大切なこととして、能力、経験として、大学卒業、日本での社会人経験、英語能力などはもちろんで、相手を差別しない、○○ 人だからとひとくくりにしないなど、普段中々お聞きできない貴重な話を聞くことができました。」

「お話の中で一番印象的だったのは、自分の中に「正しさ」の基準を持ち、実践するということです。これは海外就職だけでなく、大学生活やこれからの将来すべてにおいて必要なスキルだと感じました。私自身も「正しさ」を模索し、基準をはっきりとしてこれからの人生歩んでいこうと決意しました。」

「私は海外で働きたいという目標があり、新卒で行くべきなのか、経験が必要なのかの二択で考えていました。そこに、実際に働いている方の意見というものはとても私にとって大事な情報になりました。」

「私は海外で働きたいと思っているので、海外(ベトナム)で活躍するために必要な能力・体験やマインド・ヒューマンスキルなど、本当に貴重なお話を伺うことができました。また、突き詰めていくことの大切さや、突き詰めていくには時間と努力が必要だとおっしゃっていました。 私もこれからやりたいことや、やらなければいけないことは、すぐ諦めたりさぼったりせず、突き詰めていこうと思いました。」

「福田さんからは、自分の中に「正しさ」の基準を持って実践する、好きな事を積み重ねていく、「行動力」を持って取り組んでいくなどといったアドバイスも頂き、とても有意義で新鮮な時間を過ごすことが出来ました。私は将来、人と寄り添う仕事につこうと想っていますが、これらのアドバイスを胸に刻み、仕事探しと同時に自己投資も積極的に行っていこうと想います。」

「日本人だから、外国人だからという事で人を軽々と差別したらダメという事や、正しさの基準が日本と外人では違うと言う事も今回この研修に参加しなかったらわからなかったことばかりで貴重な話をありがとうございました。」

海外短期インターンシップの沖縄の大学生と代表福田(写真中央)

海外短期インターンシップの沖縄の大学生と代表福田(写真中央)