ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音

2018/12/31

第25回 | ベトナム現地採用で働く人:ベトナム生活編
日本とは違う友達の作り方があるのもベトナムの魅力。
Uさん(男性 / 20代後半 / ベトナム歴3年未満 / ホーチミン)

前回(第24回)のUさんの「ベトナム現地採用で働く人:ベトナムで働く編【後編】」は、こちら

Uさんのベトナムでの生活についてもお伺いしたいと思います。ベトナムでの生活はいかがですか?

良いことばかりですね。気候は雨季と乾季の違いはありますが、一年中温度があまり変わらないという気候が私には合っていますね。料理に関しても、ベトナム料理自体は日本人の口に合いやすいと思います。あとは、ビールが安くて美味しいです。日本人にとってベトナムは生活しやすい国と思いますね。

これからベトナム転職される方に対して、ベトナムの生活情報はどの程度調べておいた方が良いでしょうか?

どこでも柔軟に対応できる方であれば、そこまで調べなくてもいいかなと思います。よくある基本情報を調べるぐらいでしょうか。私の場合は、海外留学の経験があったのでそう思うのかもしれませんが、仕事と同じで違いを受け入れる気持ちの方が大事かと思います。

先ほどビールのお話が出ましたが、ベトナム人の方と飲みに行ったりすることはありますか?

ありますね。ベトナム人の女の子と飲みに行くこともありますよ。それで恋愛まで発展するかというと発展しないことの方が多いですけど(笑)。

それはお仕事関係以外の女性と飲みに行かれるということでしょうか?

そうですね。ベトナム人の友達からの紹介で知り合いになることが多いですね。

それは、Uさんがベトナム人のお友達に「女の子を紹介して欲しい。」などと依頼されるのですか?

いえいえ、特に頼んだりしたことはありません。友達が勝手に紹介してくれますね。
ベトナム人の友達と飲んでいる時に、いきなりその子の女の子友達を呼んだりします。日本の様に、途中から知り合いを誘うことに相手に断りを入れることはないですね。いつの間にか来ていて、いつの間にか一緒に飲んでいますね。だからベトナムでは、男女問わず出会いの機会は多いですね。

そこで知り合った方とは、どのようなお話をされるのですか?

自己紹介含めて仕事や趣味やお互いの家族のことを話したりします。仕事の具体的な話はしないですが、どんな仕事やっているとかぐらいの話はしますね。
あとは、私が日本人だから日本の話とかですね。相手のベトナム人も日本に何かしら興味があって、日本人の私との話に付き合ってくれているのかと思いますので。

普段の生活では知り合うことのない人とも友達になれる機会が多いのは、ベトナムならではかもしれませんね。

そうですね。レストランでたまたま隣のテーブルのグループの人達と意気投合して、一緒に飲み始めることもありますし。ベトナム人はサッカーが好きですから、お店でサッカー観戦をしていると盛り上がった勢いで周りのベトナム人と話すようになりますね。
そしてそのまま連絡先を交換し合うこともあります。FacebookなどのSNSに抵抗が無いのか、連絡先の交換はよくしますね。日本にはない出会いの形があるのが、ベトナムの面白いところですよね。

人との出会いの機会がより多くあるのがベトナムの魅力の一つですね。本日は、インタビューをありがとうございました。

 

こちらのリアルな本音は、YouTubeでも公開しております。

 

次回(第26回)のKさん(男性 / 30代後半 / ベトナム歴10年以上 / ホーチミン)は、こちら

<編集後記>
私もベトナム人の友達がいますが、友達になったきっかけを思い出すと、中にはレストランなどでたまたま知り合った人もいます。連絡先の交換も踏まえて考えると、日本と比べるとベトナムは一気に距離を縮めてくる気がします。また多くのベトナム人がSNSを利用しておりますが、Facebookの利用率が圧倒的に多い(2017年7月時点で約6,400万人 vnexprss.net https://vnexpress.net/ より)ので、ベトナム人のお友達が出来た場合は、Facebookの利用はマストになるでしょう。

ASPIRATIONでは、「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」の匿名インタビューにご協力いただける現地採用の方を募集しております。インタビューにご協力いただける方は、下記の「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

インタビューでご提供いただきました情報は、当サイトのコンテンツ「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」のみで利用し、それ以外の目的では利用しません。また、インタビュー掲載前には、掲載原稿のご確認をお願いさせていただきます。

お問い合わせ