• HOME  >  
  • ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音  >  
  • 第33回 | ベトナム現地採用で働く人:ベトナム給与編【前編】扶養家族がいれば給与額は重要。男の一人暮らしは何とかなる。Qさん(男性 / 30代前半 / ベトナム歴3年以上 / ホーチミン)

ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音

2019/05/03

第33回 | ベトナム現地採用で働く人:ベトナム給与編【前編】
扶養家族がいれば給与額は重要。男の一人暮らしは何とかなる。
Qさん(男性 / 30代前半 / ベトナム歴3年以上 / ホーチミン)

本日は、インタビューをよろしくお願いします。今回は、Qさんの給与を中心にお伺いさせていただきます。
まず、Qさんの現状を確認させてください。

<Qさん情報>

  • 性別: 男性
  • 年齢: 30代前半
  • ベトナム歴: 3年以上
  • 配偶者: 無(未婚)
  • 現在の職種: 営業職
  • ベトナムに来てからの転職: 無
  • 日本での勤務経験: 5年以上
  • 英語: TOEIC600点以上
  • ベトナム語: 日常会話レベル(少し話せる程度)

<Qさんの給与・福利厚生>

  • 給与: Gross 2,000 USD (手取り 約1,650 USD)
  • 賞与: 年1回給与1ヶ月分
  • 医療保険: 有
  • 住宅手当: 無
  • 通勤手当: 有
  • 通信費手当: 有

<Qさんの1ヶ月の生活費>

  • 給与(手取り):        約1,650 USD
  • 家賃(電気・水道代含む): ▲約500 USD
  • 食事(交際費除く):     ▲約150 USD
  • 交際費(飲食):       ▲約200 USD
  • 交際費(ゴルフ):      ▲約200 USD
  • その他:          ▲約200 USD
  • 残高:            約400 USD

(注意)
通貨はUSD表記としておりますが、実際の生活では、給与、各支出ともVND(ベトナムドン)となっております。USDとVNDのレートは、下記Vietcombankのレートを参考にしてください。
http://www.vietcombank.com.vn/exchangerates/?lang=en
※クリックすると、Vietcombankのサイトに移動します。
2019年5月4日レートは、1 USD = 23,210 VND
例:2,000 USD = 46,200,000 VND、1,650 USD = 38,115,000 VND、400 USD = 9,240,000 VND

最初は、給与額と業務内容についてお伺いします。現在のQさんの業務内容(やっていること、任せられていること、責任、権限等)と給与額を比べた時に、給与額は高いと感じますか?低いと感じますか?それとも妥当だと感じますか?

妥当なんじゃないでしょうか。給与額を考える時に、周りで似たような日本人がどれだけ貰っているとか給与相場も考えますけど、自分の業務内容と比べると、こんなもんじゃないかと思います。もちろん多く貰えることに越したことはないですが、給与額に関しては特に不満はないですね。今の会社に入社してから、給与も上がっていますし、問題ないですね。

では次に、給与額とベトナム生活についてお伺いします。ベトナムでの生活(生活費)と給与額を比べた時に、現在の給与額はいかがでしょうか?

問題なく生活出来ているので、少ないということはないでしょうね。恐らくですが、ベトナム生活に対して給与が高いか低いかは、扶養する家族や子供がいる、いないで変わるのではないでしょうか。私は、一人暮らしの独身です。支出は一人分のため、生活費がそこまでかかりませんからね。

結婚して奥さんがいて共働きならダブルインカムで良いのかもしれませんが、養わなければならなかったり、子供がいたりすると、この給与だけではキツイでしょうね。養えるイメージは出来ないですね。

ベトナム生活に対する給与額という点では、扶養対象となる家族や子供の有無が影響するということですね。では、Qさんの生活費の内訳についてもお伺いします。「家賃(電気・水道代含む)」が約500USDとありますが、どのような家ですか?

ホーチミン市1区にある普通のサービスアパートメントです。間取りは1Kですね。キッチン有、バスタブ有、掃除・洗濯サービス有です。男の一人暮らしですから、住めれば何でもいいので、家に特にこだわりはないですね。

家に特にこだわりはないとのことであれば、探せば300~400USDの家もありますよね?

そういう意味では、唯一こだわったのは立地ですね。会社にも何とか歩いて行ける場所にしました。通勤手当があるので会社から遠い家でも良いのですが、運動がてら、たまに朝早く出勤する時や、仕事が早く終わってその後に予定がない時は、歩いて通勤しています。

家と会社は歩くとどのぐらいですか?

約20分ぐらいですね。それ以上遠いと、そもそも歩く気にならないと思いました。

続いて、「食事(交際費除く)」です。こちらは、お一人の時の食事を想定していますが、お一人の時はどのような食事が多いのですか?

外食と自炊が半分半分ですかね。外食は、和食レストランに行くと1食150,000 VND(約6.5 USD)ぐらいですかね。時々、道端のローカルベトナム飯も食べます。その時は30,000 VND(約1.3 USD)ぐらいですかね。

ローカルベトナム飯を食べる頻度はどのぐらいですか?

週に1回、多くて2回ですね。そんなに頻繁には食べませんね。

自炊はどの様にしているのですか?

食材は、コンビニやスーパーで買います。よく行くのは、FamilyMartとCo.opmartですね。1回あたり、200,000~300,000 VND(約8.6~13 USD)の買い物になっていると思います。

あとは、たまに髙島屋に入っているAnnam Gourmet(高級スーパー)に行きます。コンビニやスーパーで売っていない調味料を買う場合に行きますね。


ホーチミン市にある髙島屋所在地

インターネットを見ると、ローカルベトナム飯が安いから、1ヶ月の食事代も安いと書いてあったりしますが、Qさんはどう思いますか?

ベトナム料理が好きで、それを毎日食べても大丈夫なら、安く済むから良いのではないでしょうか。私もベトナム料理は美味しいと思いますし、好きですけど、毎日食べ続けられるかと言うと、それは難しいですね。

日本人だから和食が一番好きというのもありますし、和食を食べている中でベトナム料理があるから、ベトナム料理が好きというのがあるのかもしれません。

 

こちらのリアルな本音は、YouTubeでも公開しております。

 

次回(第34回)のQさんの「ベトナム現地採用で働く人:ベトナム給与編【中編】」は、こちら

ASPIRATIONでは、「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」の匿名インタビューにご協力いただける現地採用の方を募集しております。インタビューにご協力いただける方は、下記の「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

インタビューでご提供いただきました情報は、当サイトのコンテンツ「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」のみで利用し、それ以外の目的では利用しません。また、インタビュー掲載前には、掲載原稿のご確認をお願いさせていただきます。

お問い合わせ