• HOME  >  
  • ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音  >  
  • 第36回 | ベトナム現地採用で働く人:ベトナム給与編奨学金を返済できる給与額であることが仕事探しの決め手Kさん(女性 / 20代後半 / ベトナム歴1年以上 / ホーチミン)

ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音

2019/11/24

第36回 | ベトナム現地採用で働く人:ベトナム給与編
奨学金を返済できる給与額であることが仕事探しの決め手
Kさん(女性 / 20代後半 / ベトナム歴1年以上 / ホーチミン)

本日は、インタビューをよろしくお願いします。最初は、Kさんの給与を中心にお伺いさせていただきます。
まず、Kさんの現状の給与を確認させてください。

<Kさん情報>

  • 性別: 女性
  • 年齢: 20代後半
  • ベトナム歴: 1年以上
  • 配偶者: 無
  • 現在の業界: サービス業
  • ベトナムに来てからの転職: 無
  • 日本での勤務経験: 3年以上
  • 英語: TOEIC800点以上

<Kさんの給与・福利厚生>

  • 給与: Gross 約1,600 USD (手取り 約1,300 USD)
  • 賞与: 年1回給与1ヶ月分
  • 医療保険: 有
  • 住宅手当: 有
  • 食事手当: 有
  • 通勤手当: 無
  • 通信費手当: 有

<Kさんの1ヶ月の生活費>

  • 給与(手取り):       約1,300 USD
  • 家賃(電気・水道代含む):  0 USD
  • その他(服、化粧品):    ▲約200 USD
  • 日本への送金:      ▲約450 USD(奨学金の返済250USD、日本の銀行口座への貯金200USD)
  • 残高(貯金):        約300 USD

(注意)
通貨はUSD表記としておりますが、実際の生活では、給与、各支出ともVND(ベトナムドン)となっております。USDとVNDのレートは、下記Vietcombankのレートを参考にしてください。
http://www.vietcombank.com.vn/exchangerates/?lang=en
※クリックすると、Vietcombankのサイトに移動します。
2019年11月24日レートは、1 USD = 23,140 VND

まず最初に、お仕事と給与についてお伺いします。現在のKさんの業務内容(やっていること、任せられていること、責任、権限等)と給与額を比べた時に、給与額は高いと感じますか?低いと感じますか?それとも妥当だと感じますか?

私はこのぐらいかなと思っています。でも、同僚の人は残業代が全くないため、残業時間を含めて考えると低いと言っています。二時間とか残業をする日もありますが、残業代が全くないので、そこに関しては会社も少しは考えてくれたらいいなと思いますね。

残業は発生しているけど、残業代が出ないということですね。勤務時間に応じて残業が出たら嬉しいですよね。

残業代が出ると嬉しいですよね。私たちはサービス業ですので、勤務時間外でもお客様から電話がかかってきて対応しなければならない時もあります。それは、自分達だけの工夫で何とかなるわけではないですし、ダラダラと仕事をやっていての残業ではないので、それに対する残業代は出してほしいですね。

では、ベトナム生活を送る中で、今の給与額はどう感じますか?

ベトナムで生活する分には、充分なお給料かと思います。

食事はどうですか?

会社で食事手当がありますので、会社で食べるか、外食するか、あとは時々自炊をする感じですね。

外食と自炊の割合はどのぐらいですか?

半分半分ぐらいだと思います。外食は外国人向けのお店に行きますので、値段はそこそこしますね。また、そのお店に行くまでも、タクシーで行くので、タクシー代もかかります。タクシー代は、一回の外食で10万ドン(約5USD)ぐらいですね。だから、月5回外食をすると、タクシー代だけで50万ドン(約25USD)ぐらいかかることになりますね。

外食のお値段はそこそこするとのことでしたが、具体的には幾らぐらいでしょうか?

先ほども言いましたが、外国人向けのお店にいくことが多いですし、その後にお酒だけを飲みにバーにも行ったりします。そうなると、50万ドン(約25USD)ぐらいは絶対に使うと思います。

確かに、外国人向けのレストランでしたら、そのぐらいかかるかもしれませんね。ベトナム料理などローカルフードは食べないのですか?

会社の社食がベトナム料理で、ベトナム料理はよく食べているので、わざわざ外に出た時もベトナム料理を食べることはないかなと思って、外食ではベトナム料理以外を食べることが多いです。特に、ベトナムに来たばかりの頃は、そこまで外食をしておらず、会社の社食ばかりを食べていましたので、ベトナム料理はかなり食べた感じがしますね。

自炊もされるとのことですが、自炊の買い物では、一回あたりどのぐらい買い物をしますか?

コープマートに行くと、一回30万ドン(約15USD)ぐらいでしょうか。アンナムゴーメットとかもありますが、高いので行かないですね。

でも、コープマートで1回30万ドン(約15USD)の買い物の安くはないですよね?

そんなに買っていないと思いますが、なんでだろう。お菓子を買うからでしょうか。そんなに高いお菓子を買っているわけではないですが。でも、家には常にお菓子があるようにしています。

ベトナムのお菓子の味はどうですか?

日本と比べると美味しくないというか、味が違いますよね。もう少し、日本に寄せた味だと嬉しいのですが。だからと言って、ヨーロッパ?のお菓子とかは高いから買わないですよ。食べたいですけどね。

食事について、インターネットなどでは、ベトナムでの飲食費は安いと書かれている情報もありますが、実際に住んでみていかがですか?

ベトナム人の人が行くようなローカルのお店に行けば、確かに安いと思います。でも、日本人の私たちが毎日行けるかというと、別ですよね。それに私は、言葉が通じるという点で、英語が話せるお店に行くことが多いです。 だから、ベトナムは安いお店もありますよ。という感じでしょうか。

家賃のお話に移ります。今は、会社から家賃補助が出ていますね?

はい。全額補助です。

では、もし家賃補助が無ければ、どうですか?

今のお仕事は選んでないと思います。家賃補助がなければ、他の仕事を探すか、ベトナム転職せずに日本で働いていたかと思います。

お仕事選びの際には、家賃補助など福利厚生も重視されたということですか?

私の場合は、奨学金を返す必要がありまして、日本でも海外でも、奨学金を返せるだけのお金を稼げるお仕事であることが重要でした。どれだけ好きなお仕事であっても、借りたものが返せないといけないと思いまして。
その上で、海外転職であっても奨学金を返すことが出来るお仕事がないかなと思って探して、見つかったのが今のお仕事です。

奨学金の返済があったのですね。因みに、奨学金250USDという金額は平均的な金額でしょうか?

いいえ、250USDは多い方だと思います。私はかなり借りた方だと思います。普通の人は100USDぐらいじゃないでしょうか。毎月250USDを返すのは大変ですが、このおかげで大学に行けたので、これには感謝しています。

貯金も毎月300USDされていますね?

実際にベトナムで働きだして、生活にある程度余裕が出そうなのが分かりましたので、そこから貯めるようにしました。貯金しようと意識しないと貯まらないので、記録もつけるようにして、貯金しています。と言っても、かなりざっくりですけどね。自分で、「今月はここまで残っていたらOK」というライン決めて、それを下回らなければ良いかなという感じです。

実際にベトナムに来る前、ベトナム転職活動中にベトナムの生活コストがどのぐらいかかるかなどは調べてきたですか?

いいえ、そこはあまり調べていませんでした。でも、家賃補助が全額あり、食事手当もあるとのことでしたので、贅沢しなければお金は貯まるだろうと思い、大丈夫だろうと考えていました。ベトナムに来る前にすごく深く考えてきたわけではないですけど、大丈夫と思えたから、実際にベトナムに来たという感じですね。

日本にはどのぐらいの頻度で帰られていますか?

年に二回ぐらいですね。

日本に帰る時期は決まっているのですか?

いいえ。みんなと休みを調整して、出来るだけ休みの日が重ならないようにして、長期休暇を取るようにしています。

日本に帰国した時は、どのぐらいお金を使いますか?

10万円ぐらいは使うのではないでしょうか。私の場合は、一度にコンタクトレンズを何ヶ月分も買うので、それが高いですね。他には、久しぶりに会う友達とご飯に行ったりしますので、そこでもお金を使いますね。

そうですね。私も日本に帰る時は、日本でしか買えないものを買ったり、日本でしか会えない友達との食事をしたりして、意外にお金を使いますね。
ありがとうございます。それでは、この後は、Kさんのベトナムでのお仕事についてもお伺いしたいと思います。

 

次回(第37回)のQさんの「ベトナム現地採用で働く人:ベトナム給与編【中編】」は、こちら

ASPIRATIONでは、「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」の匿名インタビューにご協力いただける現地採用の方を募集しております。インタビューにご協力いただける方は、下記の「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

インタビューでご提供いただきました情報は、当サイトのコンテンツ「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」のみで利用し、それ以外の目的では利用しません。また、インタビュー掲載前には、掲載原稿のご確認をお願いさせていただきます。

お問い合わせ