• HOME  >  
  • ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音  >  
  • 第5回 | ベトナム現地採用で働く人:ベトナムで働く編仕事を覚えながら、ベトナム人の仕事への思いや考え方を知っていくことOさん(女性 / 20代後半 / ベトナム歴1年未満 / ホーチミン)

ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音

2018/11/13

第5回 | ベトナム現地採用で働く人:ベトナムで働く編
仕事を覚えながら、ベトナム人の仕事への思いや考え方を知っていくこと
Oさん(女性 / 20代後半 / ベトナム歴1年未満 / ホーチミン)

前回(第4回)のOさんの「ベトナム現地採用で働く人:ベトナム転職編」は、こちら

Oさんのベトナムでのお仕事ついてもお伺いします。ベトナムで働いてみて良かったことを教えてください。

まだ日が浅いのでベトナムに来る前に思っていたよりも良かったという点になりますが、仕事を進めることに時間の余裕があることですかね。
日本で働いていた時の仕事はサービス業だったため、お客様からの電話が多く予定も常にびっしり入っていて、いつも追われている感じで仕事をしていました。あと、自分でもコントロールできない天気や交通事情で仕事が左右されることもありましたので、常にバタバタしていましたね。それと比べたら今は時間的に余裕を持って働くことができるという感じです。

またベトナムに来る前は、日本人は日本人同士でベトナム人はベトナム人同士で仕事をするという、人(国籍)によって業務が分担されている状態かなと思っていました。実際に働くとベトナム人と一緒にコミュニケーション取りながら業務を行わなければならない環境であることも良い点ですね。私が海外で働きたいと思っていたこと理由の一つが、働く場所が海外であることよりも、外国人の人とたくさんコミュニケーション取りながら一緒に働くことであったので、今はそれが実現できていて良い経験になっているんじゃないかと思っています。

Oさんの海外転職の目的の一つが今の職場で実現しているわけですね。では逆に、ベトナムで働いてみて大変だなと思ったことは何ですか?

英語ですかね。面接の段階では、「そこまで話せなくても大丈夫ですよ。」って言ってくれたのですが、多少なりとも業務で英語は必要になりますし。相手が言っていることが理解できないのも、自分の言いたいことが言えないのもどちらもフラストレーションになりますね。もちろん、ベトナム語が話せればいいんですけど、一度に2つの言語を同時に勉強するのは私にとっては難しいので今は英語を勉強しています。

確かに。英語は皆さん仰っていますね。他にも、ベトナムで働いてみて大変だなと思う点はありますか?

交通手段ですかね。今の会社は通勤手当や通勤のサポートが無いので、Grab(配車サービス)を使って通勤しています。でも、迎えに来ないとか、迎えに来るのが遅れて出社に遅れたらどうしようって不安が常にありますね。もちろん、そうならないように家を早めに出るようにしているんですけど。それでも、もしお客さんから急に呼ばれるようなことがあったらとか思うと不安になりますね。

それは不安になりますね。まだベトナムに来てからあまり経っていないとのことですが、会社のベトナム人の方とはいかがですか?

私がベトナムに来て間もなくて、まだ仕事を覚えている途中ですので、ベトナム人スタッフには質問ばかりしていますね。優しく教えてくれるので、そこは助かりますね。
ただ、日本人の上司とかを見て思うことで、私も仕事に慣れてきたら、仕事の進め方・考え方の違い等で、何か言うようになるのかもしれません。そのためにも、今はベトナム人スタッフから教えてもらいながら、ベトナム人はどういう風に考えているのかなって考えながら聞くようにしています。

では、社内の日本人の方とはいかがですか?

実はベトナムに住むことが生まれて初めての一人暮らしなので、最初はホームシックになるんじゃないかとか心配していました。でも、皆さんが気さくに接してくれているのでホームシックもなくやれています。もし仕事は仕事って感じでビジネスライクに少し冷たい感じだと、ホームシックになっていたかもしれないですね。まだ来たばかりで友達も多くないので、このアットホームな感じが私には合いましたね。

会社の雰囲気も合っているとのことで、良い転職になりましたね。では、敢えて聞きますが、今の会社に対して何か言いたことはありますか?

うーん、特にないです(笑)。敢えて言うならば、女性向けのサークルとか何かの集まりがあればいいかなと思います。今は、会社にはサッカーのサークルはあるんですけど、男性が多くそこに女性が入るのは難しい感じです。何か女性向けのサークルがあればもっと交流が出来るのかなって思います。例えば、スイーツを食べる会とか。仕事外でもベトナム人スタッフとの交流の機会があればいいですね。

まだベトナムに来られて間もないとのことですが、今の会社での今後のOさんのプランについて教えてくれませんか?

まずは、早く仕事を覚えたいです。もともと暇が嫌いなので、もし仕事に慣れて一人で業務が出来るようになれば、会社の許可が必要だと思いますが副業とかしてみたいですね。せっかくベトナムに来たので、時間をフルに活用して色々チャレンジしてみたいです。このベトナムにいる時間を無駄にしたくないですね。そのためにも、早く仕事を覚えて自分の時間を作っていきたいです。

将来、日本に戻って働く可能性もあるとのことですが、日本で働らく場合、ベトナムで働いたどのような経験が活かせそうでしょうか?

広い意味でのコミュニケーション能力ですかね。それは、英語という語学も含めてですが、ベトナムの人達は私達日本人を外国人として見ています。そのような環境で数年間ちゃんと仕事してきたというのは、自慢していいのかなって思います。日本でさえ同じ日本人と働く中でトラブルがあるのに、外国で自分たちがマイノリティな存在の中で共に働いてきたというのは、それもコミュニケーション能力ではないかと思います。だから今は、ちょっとずつそれを鍛えていけたらなと。そのためにもとりあえず、まずは相手が何を考えているかということを知っていこうかなと思っています。

あとは、仕事がサービス業なのでお客様に振り回されることが多いので、そのあたりの対応力が身につくのかなと思います。これは前職も同じでしたので、それを続けてきたことが実績にもなりますし、日本に戻って働くとなった場合もアピールできる部分になるのかなと思います。

日本からの継続している経験とベトナムで新しく培った経験が今後のOさんのキャリアに役立つということですね。続いて、Oさんのベトナムでの生活について色々とお伺いしてみたいと思います。

 

こちらのリアルな本音は、YouTubeでも公開しております。

 

次回(第6回)のOさんの「ベトナム現地採用で働く人:ベトナム生活編」は、こちら

<編集後記>
仕事を覚えながら、ベトナム人がその仕事に対してどう思っているのか、どう考えているのか、そこを知っていきたいと仰ったのが印象的でした。仕事のやり方・方法は何が正しいかはケースバイケースですが、その正しさを構成する要素の一つにベトナム人スタッフの仕事に対する思い・考え方があると思います。そこも考えてより良い仕事のやり方・方法を考えていくことは、日本人がベトナムで働く上で大切になっていくでしょう。

ASPIRATIONでは、「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」の匿名インタビューにご協力いただける現地採用の方を募集しております。インタビューにご協力いただける方は、下記の「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

インタビューでご提供いただきました情報は、当サイトのコンテンツ「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」のみで利用し、それ以外の目的では利用しません。また、インタビュー掲載前には、掲載原稿のご確認をお願いさせていただきます。

お問い合わせ