• HOME  >  
  • ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音  >  
  • 第6回 | ベトナム現地採用で働く人:ベトナム生活編住居探しは土地勘を把握してから。難しい場合は、短期で会社の近くに住むのもありOさん(女性 / 20代後半 / ベトナム歴1年未満 / ホーチミン)

ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音

2018/11/13

第6回 | ベトナム現地採用で働く人:ベトナム生活編
住居探しは土地勘を把握してから。難しい場合は、短期で会社の近くに住むのもあり
Oさん(女性 / 20代後半 / ベトナム歴1年未満 / ホーチミン)

前回(第5回)のOさんの「ベトナム現地採用で働く人:ベトナム転職編」は、こちら

Oさんのホーチミンでの生活も教えてください。ベトナムで生活してみて良かったと思う点は何ですか?

ベトナム料理でしょうか。もともとベトナム料理が好きだったんですけど、予想以上に私の口に合ったことですかね。
あとは、生活用品含めて思っていたよりも多くの物が売ってあることが良かったですね。服や化粧品で高い物は高いですけど、選ばなければ安く買えますし。家の近くに服屋があって、外から見た感じは高そうに思ったんですけど、よく見ると安くて値段は日本の半額ぐらいでしたね。もちろん生地の違いとかはあると思いますが、正直ベトナムで着る分には問題ないですね。

女性にとって生活用品に困らないというのは良いことですね。逆に、ベトナムでの生活で不満に感じることはありますか?

全体的に家賃が高いことですかねですね。一応女性なので、汚すぎるところや危ない所は住みたくないので。そうやって探すと、条件に合う物件は大阪の狭い部屋と同じような感じぐらいの賃料かなと思いました。日本と比べてもっと安くてもっといい感じの部屋があるのかと思っていましたので、家賃が高いことにびっくりしましたね。

因みに今は、何ドルぐらいの家に住んでいるのですか?

500USD/月です。本当はもう少し安い部屋があったのですが、内見してオーナーとも話をして後は引っ越しをするだけとなったタイミングで、突然オーナーから明確な理由も教えられず貸せないと言われまして。そこから急遽別の家を探すことになり、今の家に落ち着いたという感じです。

それは大変でしたね。ベトナムに来る前に、部屋探しで不動産屋のサイトは見たりしたのですか?

はい、見ていました。ただ実際にベトナムに来てみると、いいなと思う部屋は会社から遠かったりして候補から外れました。土地勘だけは実際に住まないと分からないので、部屋探しは土地勘を掴みながら時間をかけて探すのがいいかと思います。私の場合は、会社の方から一週間ぐらいで探してと言われたのもあり、最初はホテル住まいでその後今の家に引っ越しました。

でも例えばですが、一ヶ月だけ会社の近くに住んで、その間に土地勘を覚えながら長期的に住む部屋を探すことが出来るなら良いかなと思いますね。住んでみないと分からないことは多いですからね。

それは良いアイデアですね。質問は変わりますが、ベトナムで生活する中でOさんのストレス発散方法は何ですか?

酒です(笑)。会社の人と飲むことが多いですが、一人で飲むこともあります。これは日本にいた時から同じで、とりあえず飲みに行くことがストレス発散でしたね。

あとはマッサージでしょうか。値段も安く40分で2000円ぐらいですし。日本で私が行っていたのはタイ式マッサージですけど、30分で4000円ぐらいでした。ベトナムでも高いマッサージはありますが探せば安くて良いところはたくさんありますよ。あと、ネイルも安いですね。

ネイルってリフレッシュになるのですか?

メッチャなりますよ(怒)。やっぱり自分の見えるところがいつもと違うようになるのは嬉しいですね。

すみませんでした、勉強になりました(汗)。男性の上司の方で女性の部下がいる方は、その辺りもケアしながら接した方が良さそうですね。

もちろん、業種とか仕事柄で派手なネイルがダメとかはあると思いますが、ネイルを新しくしたりすることで女性は気持ちが上がるところもあるので、そこは察してくれると嬉しいですね。

メモしておきます。では、少し突っ込んだ質問になりますが、結婚や出産について今はどのように考えていますか?

今は、いつかはしたいって感じですね。自分が若い時は早い段階でと思っていましたけど、仕事し始めてからは別にしなくてもいいかなって思ってきました。

因みに、もしこちらベトナムでご結婚された場合、出産は日本ですか?ベトナムですか?

そうですね、考えたことはなかったですけど、どちらかと言えば日本がいいですね。出産は結構なイベントなので、里帰り出産的な感じで日本ですかね。でも子育ては、別に日本でなくてもいいかなって思っています。まぁ、その時の状況次第ですかね。

会社としても社員の長期雇用を考えているのであれば、結婚や出産などのライフイベントに対してもしっかり向き合っていくことが大切ですね。本日は、インタビューをありがとうございました。

 

こちらのリアルな本音は、YouTubeでも公開しております。

 

次回(第7回)はIさん(男性 / 30代前半 / ベトナム歴3年以上 / ホーチミン)となります。インタビューは、こちら

<編集後記>
Oさんは女性の方でしたので、ベトナムでの生活については男性とは違った目線で見ており、私にとっても新しい視点を得られた良いインタビューとなりました。若い女性の現地採用を募集している企業様は多いかと思います。その方に長く働いてほしいのであれば、会社として社員のライフイベントに対してどのように向き合うのかもポイントになってくるでしょう。

ASPIRATIONでは、「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」の匿名インタビューにご協力いただける現地採用の方を募集しております。インタビューにご協力いただける方は、下記の「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

インタビューでご提供いただきました情報は、当サイトのコンテンツ「ベトナム現地採用で働く人のリアルな本音」のみで利用し、それ以外の目的では利用しません。また、インタビュー掲載前には、掲載原稿のご確認をお願いさせていただきます。

お問い合わせ