• HOME  >  
  • 日本人採用担当者のリアルな本音  >  
  • 第10回 | 日本人採用担当者:ベトナム採用活動編【前編】自社採用するなら、少なくとも半年前から採用活動を始めること Uさん (男性 / 40代前半 / ベトナム歴5年以上 / ホーチミン)

日本人採用担当者のリアルな本音

2019/01/31

第10回 | 日本人採用担当者:ベトナム採用活動編【前編】
自社採用するなら、少なくとも半年前から採用活動を始めること
Uさん (男性 / 40代前半 / ベトナム歴5年以上 / ホーチミン)

本日は、インタビューをよろしくお願いします。Uさんの会社では、今まで日本人現地採用の実績はありますか?

現地採用は今まで3名採用しました。他にも、日本人の増員として日本本社の人間を2名呼んだこともあります。

Uさんの会社で日本人の増員をされた時は、会社がどのような時ですか?

その新しくベトナムに来る日本人(現地採用・日本本社からの人間)に任せられる仕事が出来た時です。

弊社は、新規事業の立ち上げや既存事業の関連事業を積極的に行うという考えを持っています。新規事業など新しいことを行うためには、その業務が仕組み化されている必要があります。

その後、その新しい事業が仕組み化されれば、またそこに新しく日本人を入れて、また別の新しいことに取り組むという流れをイメージしております。

日本人の現地採用では、人材紹介会社様をご利用されましたか?

日本人の現地採用では、人材紹介会社を利用して採用したことは今までのところありません。
自社ホームページやブログ、Facebookページに日本人募集の募集要項(求人票)を掲載しただけです。

人材紹介会社様をご利用せずに、現地採用の方を3名も自社採用されたのですね。募集要項(求人票)の拡散の方法として、インターネット広告はご利用されたのですか?

インターネット広告も利用していません。Facebookで自然と拡散されたのではないでしょうか。

人材紹介会社様含めて、外部業者へのお金の支払いはなく、日本人の現地採用が出来たということですね。

そうです。

自社ホームページ等に日本人募集の募集要項(求人票)を掲載してから、どのぐらいで採用に至りましたか?

だいたい半年(6ヶ月)ぐらいですね。半年ぐらいでのスパンで見ていると、5人くらいの問い合わせは来ます。その中で、マッチした人がいたら採用します。

外部業者を利用せずに、半年間で5人以上の人から問い合わせが来るのはすごいですね。

問い合わせしてくれた人に聞く感じでは、募集要項(求人票)がFacebookで共有されて広がっていったような感じですね。

その結果(半年間で5人以上の人からの問い合わせ)が出た要因は何でしょうか?

募集しているポジションのターゲットを明確にしていたからではないでしょうか。

弊社の場合、日本本社から日本人を呼ぶ場合は1年前から始めます。それは、海外に行きたいと手を挙げる人が少ないのもありますし、日本本社との調整も必要になるからです。現地採用の場合は、今までの実績も踏まえて、募集から入社までに半年ぐらいかかる予定で進めています。

以前に日本人が退職した時も、ちょうど1年前から日本本社から人を呼ぶ準備をしていましたので、問題はありませんでした。

「欲しい時に、欲しい人を採用する」ために、「欲しい時」になる前から採用活動を始めるということですね。今までのインタビューでは、多くの企業様が人材紹介会社様を利用されていましたので、自社採用だけを行われている企業様がいらっしゃったとは、かなり驚きました。

自社採用で進めていて上手くいかない時は、人材紹介会社も利用しますよ。

今までの日本人現地採用活動で、人材紹介会社経由の採用はないとのことですが、依頼自体はされたことはあるのですか?

募集を開始してから採用が進まなかった際に、人材紹介会社とお話をしたことはあります。企業が人材紹介会社に依頼する理由は、今どれだけ日本人転職者をプールしているかどうかではないでしょうか。

例えば、採用活動期間を半年間と考えていて、6ヶ月後には日本人に入社してほしい状況だとします。残り3ヶ月を切って、計画通り3ヶ月後に採用しないといけないのであれば、日本人転職者を確保するチャネルを増やす必要があるので、人材紹介会社にもお願いをします。残りの採用活動期間を見ながら人材紹介会社にも依頼するイメージです。

今までの採用実績で、採用予定時期までにマッチする人が来なかった(応募がなかった)ことはありますか?

今までの実績では、募集要項(求人票)を掲載すると4ヶ月後には内定が決まって、その2~3ヶ月後に入社、ベトナムで働きだしています。

これには運や、弊社が募集している職種の影響もあると思います。こうやれば上手くいくという方法はないと思いますが、「予め先に動く」のは大事ですよね。もし2019年の下期に入社して欲しいのであれば、少なくとも半年前の今(2019年1月)から動かないといけないと思います。
*Uさんへのインタビューは、2019年1月に実施しました。

半年後の入社を見据えて採用活動をされていたわけですが、掲載していた募集要項(求人票)には、Uさんの会社としての入社希望時期は記載されていたのですか?

いいえ、入社希望時期は記載しておらず、「募集中」と記載していました。時期については、面談の時に転職者と話をして決めました。在職中の方も、今の現職を辞めることを考えて転職活動していると思いますので、面談で入社日を調整します。

採用する企業様側として、予定している採用希望時期よりも転職者様の入社希望日が早い場合はどうされますか?

1、2カ月早いぐらいであれば採用する方向で動きますよね。採用予定時期に対して遅いよりは良いわけですし。

 

こちらのリアルな本音は、YouTubeでも公開しております。

 

次回(第11回)のUさんの「日本人採用担当者:ベトナム採用活動編【中編】」は、こちら

ASPIRATIONでは、「日本人採用担当者のリアルな本音」の匿名インタビューにご協力いただける日本人採用担当者の方を募集しております。インタビューに応じていただける方は、下記の「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

インタビューでご提供いただきました情報は、当サイトのコンテンツ「日本人採用担当者のリアルな本音」のみで利用し、それ以外の目的では利用しません。また、インタビュー掲載前には、掲載原稿のご確認をお願いさせていただきます。

お問い合わせ