• HOME  >  
  • 日本人採用担当者のリアルな本音  >  
  • 第2回 | 日本人採用担当者:ベトナムで共に働く編採用が終わりではない。教育・キャリプランも早急に作る必要あり Hさん(男性 / 40代前半 / ベトナム歴5年以上 / ホーチミン)

日本人採用担当者のリアルな本音

2018/11/13

第2回 | 日本人採用担当者:ベトナムで共に働く編
採用が終わりではない。教育・キャリプランも早急に作る必要あり
Hさん(男性 / 40代前半 / ベトナム歴5年以上 / ホーチミン)

前回(第1回)のHさんの「日本人採用担当者:ベトナム採用活動編」は、こちら

採用活動が終わった後、Hさんの中では次は何が課題になりそうでしょうか?

今の弊社の課題は、採用した子への教育とフォローでしょうか。初の日本人の現地採用で、まだ教育もフォロー体制もないので、今まさに試行錯誤でその体制を作っているところです。日本だと、会社の中にノウハウがあると思うのですが、まだ弊社のベトナム法人には何もないので、さてこれからどうしようかという感じです。

特に、私が出張等でオフィスを空けることがあり、その間はフォローが薄くなってしまうことを心配しています。本人にとっても業務にまだ不慣れな点がある中で、私が全部を見ることが出来ていないのが現状です。ですから、会社にいる時は私からも積極的に声をかけるようにしています。

現地採用の教育とフォローについては、まさにこれから取り組む段階ということですね。では、キャリアプランという点ではどうでしょうか?

いや、採用が終わったばかりで、こちらも今は全く考えられていないというのが正直なところですね。ただ本人もベトナムが気に入っているようなので、出来るだけ早いタイミングでキャリアプランや会社が求めていることの説明は必要だと考えています。

但し、弊社の場合は日本本社への確認も必要で私の一存で決められるわけではないので、今度帰国した際にベトナム法人の事業計画と合わせてどのようにしていくのかというのを、本社側と話して決めていく感じです。あとは、人事異動があれば私がベトナムから離れる可能性もありますので、それまでにはある程度の形を作っておくことが採用した私の責任でもあるかなと考えています。

駐在員の方は人事異動でベトナムを離れることもありますよね。それまでにキャリアプラン等を考えておかないと、採用した方とキャリアプランを考える方が別ですと大変かもしれませんね。では、Hさんの考える現地採用とは、今後どのようになっていくと思われますか?

難しい質問ですね・・・。今は日本が人手不足で、売り手市場で日本での就職もいいと思いますが、若い人には、日本を出て海外で働くということも、普通に一つの選択肢として持っていて欲しいですね。

と言うのも、今は私のように駐在員が代表をしていますが、いつかは、現地採用の人でもその実力があれば代表を務める可能性だってあるわけですし。そのほうが現地の代表が人事異動で定期的に代わることがないというメリットがあるかなと思います。駐在員の悩みの一つとして、家族を持つと異動しにくいという問題がありまして、個人的には、その場所で働くことが好きな人がその場所で長く働いた方が、本人にとっても会社にとっても良いのではないかなと考えています。

後は、本人が望むのであれば、スタートがベトナムであっても、そこで実績上げたらシンガポールとか日本本社とか自分の希望する場所で働けるようにするとか。極端かもしれませんが、「現地採用」という雇用形態をなくすということです。ただそれには、その会社がグローバルでの採用や評価をどうするのかという新しい基準を設けないと難しいと思いますので、弊社ではまだまだ先の話ですね(笑)。その点では、ベンチャー企業の方が柔軟そうですし、そういった行動は早いのかもしれません。そういう意味で、これから転職を考えている人は、企業規模とか給与だけにこだわらず、将来も含めて何が自分にマッチしているかを自分で調べて考えてみるのが、良い転職活動になるのではないでしょうか。

確かに、企業様によっては「現地採用」という枠に捉われず、かなりフレキシブルな異動を行っている企業様もあると聞いています。その将来のキャリアプランも含めて企業を選んでいくことが大切になりますね。本日は、インタビューをありがとうございました。

 

こちらのリアルな本音は、YouTubeでも公開しております。

 

次回(第3回)はNさん(男性 / 40代前半 / ベトナム歴5年以上 / ホーチミン)になります。インタビュ-は、こちら

<編集後記>
Hさんの言葉通り、採用が終われば、次は教育・フォローや、キャリアプランの提示など、企業が対応しなければならないこと、業務は雪だるま式に増えていきます。このあたりを日本法人側も理解して、短期的に教育担当や業務の穴埋めができる人を日本から出張者で送るなどのサポートも一つの方法ではないでしょうか。

ASPIRATIONでは、「日本人採用担当者のリアルな本音」の匿名インタビューにご協力いただける日本人採用担当者の方を募集しております。インタビューに応じていただける方は、下記の「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

インタビューでご提供いただきました情報は、当サイトのコンテンツ「日本人採用担当者のリアルな本音」のみで利用し、それ以外の目的では利用しません。また、インタビュー掲載前には、掲載原稿のご確認をお願いさせていただきます。

お問い合わせ